自分でも見つけられる浮気の確証とは?

浮気を調べる方法

浮気調査を探偵へ依頼する際、依頼人には既に
パートナーが浮気をしていると確信している人と、浮気の疑惑はあるものの、確証はない人がいます。

浮気調査の依頼を探偵にするのですから、浮気をしているしていないかというのは、探偵が調べることになる為、確証を得ておく必要はないのですが、依頼人が浮気の実態についてある程度知っているのと、いないのでは調査の難易度が違ってきます。

浮気について確証を持っていない方には、当社の探偵調査員や相談員が面談をおこない、なるべく詳しい情報、浮気を匂わせる状況などを聞き、調査に最適な曜日や時間などを決めていきます。

浮気の確証があり、尚且つ浮気相手と会う曜日や時間帯が把握できていると、それだけで調査に掛かる時間は短くなります。

しかし、そもそも浮気の確証があるのであれば、調査をしてもらって浮気の事実を調べる必要も無いのでは?と思った方もいらっしゃると思います。

ですが、実際に確証はあるものの、
確実な証拠となる物、例えば二人の間柄に肉体関係があるとわかるようなものを持ってこられる依頼人は少なく、もっていたとしても、メールやメッセージのやりとりだけというのが現状です。

メールやメッセージのやりとりでは証拠にはならない為、曖昧な情報ではなく、対象者の尾行、張り込みをおこなって肉体関係がわかるような写真を撮っていく事が大切です。

探偵に調査依頼をする前に、少しでもパートナーの浮気について調べておきたい方は、せめて浮気相手の影だけでも調べようという事で、無理にパートナーへ問い詰めてしまったり、浮気について探っている事がパートナーに知られてしまったり等して、ますます浮気の尻尾を掴みづらくなってしまうことがあります。

一度、身構えられてしまうと、探偵でも調べるのが難しくなってくる為、自分で浮気の確証をつかむ場合には、慎重に行動する必要があります。

そこで、比較的簡単に浮気について調べる方法のポイントとして、
・パートナーの服装
・急に増えだした小物
・車の座席の位置
・休日に自分以外の人間と食事に行く
・または遊びに出かけることが増えた
など、普段と違う事がないかという点を調べていき、時刻や曜日をと一緒に記録していく事で、行動パターンを確かめることができます。

行動パターンを調べ、そのことを探偵へ知らせることで浮気の実態を掴むための大切な資料になってきます。
先頭へ戻る