浮気調査で浮気の証拠を取得するメリット

妻や旦那、結婚相手、恋人など、相手に浮気の事実があれば、探偵に依頼をして、 浮気の証拠を取得していきます。

証拠を取得した後は、証拠を有効的に活用することで、 浮気相手や配偶者、恋人との話し合いを有利に進めていくことが可能になります。

ここでは、証拠を活用することで、どういったメリットが生まれるのか、 紹介したいと思います。

浮気証拠を活用して離婚する場合

パートナーの浮気が原因で離婚をする場合、婚姻関係の破綻の原因がパートナーにあるというのを法的に証明していくことで、財産分与等で争う際、こちらにとって優位な条件で離婚を進めることが出来ます。

又、パートナーの浮気に対して慰謝料をパートナー、または浮気相手に請求することが出来ます。

これは浮気をしたパートナーに対しての制裁としての意味合いもありますが、大事なのは離婚した後についてです。

現在、専業主婦をされている方であれば、金銭的な収入の多くが無くなってしまうため、この財産分与と慰謝料請求の結果は、今後の生活に大きく関係します。

他にもご夫婦の間でお子様がおられる場合ですが、
パートナーの生活環境が子供を育てる環境として良くない環境である
(浮気相手に子供を会わせている証拠などが有効)というのを調査の中で証明できれば、親権争いを優位に近づけることも可能です。

離婚の際、 パートナーに非があるのに、こちらでその非を証明出来なければ、ただの円満離婚として、離婚が成立してしまう可能性もあるのです。

浮気証拠を活用して離婚しない場合

「浮気証拠なんて、自分は絶対離婚しないから関係ない」と考えられる方もいらっしゃいますが、 離婚は自分から切り出すものとは限りません。

パートナーの浮気を見て見ぬふりを続けると、 パートナーの心が浮気相手に移ってしまい、浮気が本気になり、パートナーから離婚を言ってくるケースがあります。

浮気証拠は、いざ離婚となってしまった時に備え、事を有利に進めるための保険にすることが 出来ます。 又、探偵社に依頼して、ちゃんとした浮気証拠を撮っておくことで、離婚を防ぐことも出来るのです。

婚姻関係にあるにも関わらず、配偶者以外と肉体関係を持った者を
「有責配偶者」といい、 基本的にこの有責配偶者からの離婚申し立ては却下されることとなっております。

ただ、証拠の有効期限は3年とされていますので、有効期限内に夫婦間で今後を話し合い、別れないのであれば、夫婦の修復を考えなくてはいけません。

このように、浮気証拠はそれぞれの方向で活用できますので、ご自身の選択肢を増やすという 意味でも、離婚する、しないに関わらず、パートナーの浮気がわかった時点で、探偵社に依頼して、確実な浮気証拠を取得しておくことをオススメ致します。